2015年03月10日

3/10 アメリカ大学進学セミナーVol.3:リベラルアーツカレッジの魅力

アメリカ大学進学セミナー Vol.3 : 本当に価値のある大学の選び方
~ ハーバードやアイビーリーグだけじゃない!米国のリベラルアーツカレッジの教育とは~



講師の廣川謙一さんのお二人のお子様の実体験に基づくアメリカ大学入試、大学での学び方、その後の進路のお話です。 コンサルタントのキャリアをお持ちのお父さまならではのリサーチ力と分析力で、非常にわかりやすく、かつ楽しいお話をおうかがいしました。

現在高校生のお子様をお持ちのお母様から、ゼロ歳児のお母様まで、真剣な表情で聞いていらっしゃいました。 



最初は一斉授業で知識を教えていき、専門課程になるにつれ少人数指導に変わるスタイルの州立大学や大規模私立大学に比べ、1年生の最初から少人数のゼミ形式で決め細やかに指導が始まるリベラルアーツカレッジ。 子どもの性格によって、どちらが向いているか検討する価値はありそうです。



会場協力いただきました、はじまりの学校 a.school 岩田校長より、同校で実践している、小中高校生向けの探究型教育についての紹介もありました。 リベラルアーツカレッジのようなスタイルで、知識を教えるのではなく、その日のテーマについてアイデアを出したり、議論を広め、深めていく学習方法が印象的です。

ご来場いただきました皆さま、どうもありがとうございました!

イベントオーガナイザー:鈴木典子
アシスタントオーガナイザー:中司めぐみ

------------------------------------

昨年10月に開催して、満員御礼&大好評だった、米国大学進学セミナーの第2弾を開催いたします。 講師は、現在アメリカコネチカット州在住の経営コンサルタント、廣川謙一さん。

ノーベル賞受賞の中村修二氏が在籍する、UCサンタバーバラ(カリフォルニア大学)で物理学の博士課程在学中のお嬢様と、キャンパスを歩けばノーベル賞学者にぶつかるという、理系の世界最高峰カリフォルニア工科大学(Caltech)の博士課程のご子息を持つお父様です。

小学生時代は平均的な成績だったというお二人のお子様が、州立大学とリベラルアーツカレッジを経て理系の名門大学院へ進学されたご経験から、アイビーリーグだけではない、幅広いアメリカ大学教育の魅力をお話いただきます。

講演内容は前回と同じです。 前回お話を聞き逃した!もう一度聞きそびれた話を聞きたい!という皆さま、ぜひご参加ください。 前回ご参加された方は、リピーター割引料金でご参加いただけます。 東京大学本郷キャンパス隣の、はじまりの学校a.school さまのご協力での開催です。

1) ハーバード大学よりも入ってみたいリベラルアーツカレッジ(LAC)とは?
・ リベラルアーツカレッジ卒業後の進路: 抜群の就職&大学院進学指導と実績

2)「日本では平凡な成績のわが子」をどう育てていったらよいのか
・ アメリカ式・理系女子の育て方

3) アドミッション体験談:最難関大学へのアプリケーションの出し方
・ 学費負担を少なくする方法:アメリカの大学のファイナンシャルエイドの仕組みと使い方


日時:2015年3月10日(火)10時30分〜12時(10時15分受付開始)
場所:はじまりの学校 a.school 本郷校 文京区本郷4-1-7 近江屋第2ビル601

講師:廣川謙一氏 Lounsbury Associates,LLC 代表

イベントオーガナイザー:鈴木典子
アシスタントオーガナイザー:中司めぐみ


posted by MamaBA EDUCATION at 18:18| Comment(0) | TK:鈴木典子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。